包括支援センターでしこりんくう

みなさん、「地域包括支援センター」をご存知ですか?
地域包括支援センターとは、市からの委託を受けた、
高齢者およびその家族のための「総合相談窓口」です。

たとえば
「介護保険のサービスを使うには、どういう手続きをしたらいいの?」
「ひとり暮らしで不安・・・。」 「もの忘れがひどくなってきた。」
など、どんなささいな悩み事や相談事でもOKです。

また、介護予防啓発活動や関係機関や地域のネットワーク作り、高齢者が住み慣れた地域で暮らせるように、必要な援助・支援を行っています。

「泉南市地域包括支援センターなでしこりんくう」
のスタッフ(役割)をご紹介させていただいきます。

地域包括支援センターでは、主任ケアマネージャー、社会福祉士、保健師等、専門職種が配置されています。スタッフ全員が「チーム」として協力し、専門分野を生かしながら総合的にみなさんを支えます。

● 主任ケアマネジャー
地域のケアマネージャーさんの指導や支援のほか、より暮らしやすい地域になるように、様々な機関とのネットワーク作りを行います。

● 社会福祉士
介護・福祉の相談以外にも、虐待や消費者被害にあった相談などの様々な権利を守ります。

● 保健師(経験のある看護師)
保健・医療の相談や介護予防啓発に努めます。

スタッフ