saiseikaisennan.jp を検索
www を検索
新泉南病院

禁煙外来

喫煙は、喫煙病(ニコチン依存症+喫煙関連疾患)”という病気です。

喫煙者の多くは、タバコが健康に良くないことは分かっていますが、我慢だけで禁煙してもその半数以上の人が半年以内に喫煙を再開しており、1年後も禁煙を維持しているのは、10%程度であるといわれています。

タバコに対する心理的依存(習慣)、イライラなどの離脱症状を起こすニコチン依存は、自力ではなかなか克服できるものではありません。

病院で薬を飲んで禁煙しませんか!

■ 保険適応

1.ニコチン依存症の診断「TDS」テストの結果が5点以上で、ニコチン依存症と診断
2.ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
3.直ちに禁煙することを希望
4.禁煙治療について説明を受け、その禁煙治療を受けることを文書により同意

ニコチン依存症の診断「TDS」

TDS(the Tobacco Dependence Screener:0~10点)で5点以上の場合は「ニコチン依存症」の可能性が高いと思われます。

設問内容 はい
1点
いいえ
0点
問1 自分は吸うつもりよりも、ずっと多くのタバコを吸ってしまうことがありましたか。    
問2 喫煙や本数を減らそうと試みて。できなかったことがありました。    
問3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。    
問4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆうつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)    
問5 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。    
問6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないことがわかっているのに吸うことがありましたか。    
問7 タバコのために自分に健康問題が起こっているとわかっていても、吸うことがありましたか。    
問8 タバコのために自分に健康問題(注)が起こっているとわかっていても、吸うことがありましたか。    
問9 自分はタバコに依存していると感じたことがありましたか。    
問10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。    
  合 計     

■ 治療の流れ

健康保険等を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を受けます。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。 治療の流れ

■ 料 金

保険適応対象者(3割負担者)は5回の診察、薬の処方で約20,000円程度です。

■ 予約方法

診察は予約制になっています。当院受付または電話(072-480-5618)にて予約をしてください。